葬式の時の髪型にマナーってあるの?金髪ってやっぱりNG?髪をうまくまとめ方も教えちゃいます

葬儀マナーに悩む 冠婚葬祭

冠婚葬祭の中でも何日も前から準備をすることができないのがお葬式です。そのためお葬式に行くことが急に決まり事前に美容院に行くことが出来ない方も多くいらっしゃることでしょう。

そこでお葬式の髪型のマナーについて考えてみました。

スポンサーリンク

葬式の時の髪型のマナーとは?

葬儀マナーに悩む

それではまず初めに葬式の正しい髪型のマナーについてまとめてみたのでこちらをご覧ください。

基本的には邪魔にならない髪型

お辞儀やお焼香など、前かがみになるシーンがたくさんあります。そういった時、髪の毛がバサバサしないヘアアレンジをする必要があります。

特に前髪やサイドの髪の毛が、前かがみになった時に邪魔になりやすい箇所なのです。ヘアピンで固定しておくと良いでしょう。

髪の毛の長さがロング・セミロングヘアの場合

いわゆる“髪の毛を結べる長さ”である場合は、一つ結わきで結びましょう。髪の毛を結わく際は、なるべく低い位置を心掛けてください。

髪の毛の長さがボブ・ショートヘアの場合

肩に髪の毛がかからない場合は、無理に髪の毛を結ばなくても大丈夫です。しかしパーマなどを施し、全体的に華やかでボリュームのあるヘアスタイルならば、ヘアピンやヘアジェルなどを活用して、極力タイトな印象になるようにましょう。

ヘアアレンジに使う小物類について

髪の毛を束ねる時に使うヘアゴム・ヘアピン・バレッタは黒色のものを使用してください。この時、無地で光沢のない物の方が良いでしょう。

また、たとえ“無地・黒色・光沢なし”であってもデザイン性の高い物であったり華美な印象を与えてしまうものも避けてください。

ヘアジェル・ワックス類について

ピンではまとめにくい髪の毛などを固定するのにヘアジェル・ワックス類を使用するのは特に問題はありません。

しかし使い過ぎにより髪の毛に光沢が出てしまったり、ヘア剤の香料がきつくなり過ぎないように注意が必要です。

 

葬式に参加する際の髪型がちゃんとしていても金髪等の明るい色だとNG?

茶髪

スポンサードリンク

さて結婚式などとは違い、お葬式の案内は直前に届くものです。そのため事前に美容院などに行けずそのままの髪色で行くしかないこともしばしばあります。特に若い方の中には金髪のように髪色をとても明るく染めていらっしゃる方も多いことでしょう。

それではお葬式に参加する際、髪型はちゃんと整えることはできていても、肝心の髪色が金髪等の明るい色だった場合、やはりマナー的には問題があるのでしょうか。

 

実は葬式で金髪はNGです。葬式に参加する際は基本的に黒髪もしくは落ち着いた茶髪であれば問題ありません。しかし明るい茶髪、金髪は髪色を暗くしていく必要があります。

なので可能であるならば、葬式に参列する前に一度美容院などで髪色を染め直すのが一番好ましい方法です。

しかし葬式は突然の知らせであることがほとんどです。美容院に行く時間もないという人もいらっしゃるでしょう。

そういった時は一時的に髪の毛の色を染めることの出来るヘア剤はいかがでしょうか。

スプレータイプのものもあるので、完璧とまではいかないかもしれませんが、髪色を素早く暗くすることはできるでしょう。

 
 

葬式での髪型を早く完成させるまとめ方はどんなものがある?

葬儀

お葬式へ参列する際は、髪型だけではなく服装・香典・移動手段など意外にたくさん準備することがあります。そのため髪型一つに中々時間をとるわけにはいかないこともあるでしょう。そこでお葬式での髪型を早く完成させるまとめ方をご紹介いたします。

おだんご

なるべく低い位置でお団子を作りましょう。しかし普段お団子を作りなれていない方はお団子を作るだけでも一苦労ですよね。

そこで黒色のヘアネットをお団子の上から被せてしまえば見た目もキレイに仕上がるので試してみてくださいね。

ギブソンタック

今はやりのギブソンタックを葬式用にアレンジしましょう。ポイントは低めの位置でまとめることと、ルーズ感を出し過ぎないことです。

くるりんぱ

普通の一つ結びも“くるりんぱ”をするだけで違った印象になります。派手にもならず手軽に出来るので不器用な人におすすめです。

 

さいごに

以上が自宅でもできるヘアアレンジです。ただし葬式での過度なヘアアレンジは厳禁です。高い位置でのまとめ髪、編み込みヘアは良しとされないので注意してくださいね。

お葬式の時の髪型のマナーについて紹介してきましたがいかがでしたか。是非こちらの記事を参考にしてお葬式の正しい髪型のマナーを身につけてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました